HATCH DIARY

365DAYS。スポーツウエア・アクセサリーの製造、卸売をはじめイベント企画などを主に業務としているHATCH(ハッチ)です。 カスタムオーダーなどお気軽にご相談ください。https://www.hatch18.com

中根英登引退セレモニーwith愉快な仲間たち 受付締切は12/15まで!

改めまして、長きに渡り私・中根英登を応援して頂き深く感謝申し上げます。

皆様のアツい応援に背中を推し続けて頂けた事で、10年以上も自転車ロード選手としてチャレンジし続ける事が出来ました。これまでの感謝の気持ちを直接お伝えしたく、細やかではありますがパーティーを開催致します。
初山翔さんの自作自演引退パーティーになぞらえ、私とファンクラブ実行委員(HATCH・BUCYO COFFEE・委員長)の方々と共に準備しております。 苦楽を共にした仲間たちもゲストに迎えて皆様と一緒に楽しめたらと思いますので、年末のお忙しい時期で恐縮ではありますが心よりお待ちしております。

EF Education-EasyPost 中根英登

参加ゲスト 佐野淳哉、小林マリノ、岡本隼、畑中勇介、小石祐馬、石上優大、岡篤、住吉宏太 and more

日時 2022年12月29日 18:00~20:30 (受付17:30~)
場所 ワイン食堂ニコ
参加費 7,700円 (親子での参加の場合の価格 中学生まで3,300円 小学生までは無料 )
※高校生以下は保護者同伴でお願い致します。
※ビュッフェ形式 フリードリンク制(アルコール&ソフトドリンク)込み

エントリー 12月1日21時~12月15日

エントリーはこちらから

https://hideto-nakane-fan-club.jimdosite.com/

www.cyclowired.jp


東海シクロクロスが本格的にシーズンインしてバタバタでこちらでは告知するのが遅くなってしまいましたが、引退発表をした中根君の引退セレモニーが中根君主宰で開催されます。僕も中根君の走りに元気をもらい、ともに多くのチャレンジをさせて頂きました。まさにここからがスタート。セカンドライフに向けてみんなで中根君を送り出せたらと思っています。ぜひスケジュールのご都合が合う方はご検討下さい!

サイクルスポーツさんでも中根英登引退セレモニーwith愉快な仲間たちをピックアップして頂いています!

www.cyclesports.jp

Sunrise Ride

今日乗らなかったら次乗るのはいつなのか?東海シクロクロスのバタバタで気力も薄れて朝活動することにかなり腰が重くなっていた。やはりトップに立つということは孤独である。孤独には慣れているけど、僕の日常にある孤独とは違うので、今朝は奮起してSunrise Rideへ。夏の雨の被害から初めて数か月振りに入るトレイルは癒しの空間ではなく、まさに自然の脅威を感じさせるものだった。精神状態がいいのか悪いのか、なんだか逆に自然からパワーをもらった。

あれだけの被害があったなかでの片山子供広場のパンプトラックが維持できているのは奇跡なのかもしれない。
トレイルから帰る道中にいつもお世話になっている方のお孫さんに遭ったのでiRC TIRE CUPはどうだった?と聞くと脚が疲れたけど楽しかったと。地元の子供達がマウンテンバイクを楽しむ。まだまだ始まったばかりのアクションですが本当に嬉しいですね。しっかり現実を受け止めながらポジティブに前に進んでいこう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

URBAN DEER(@urbandeerjp)がシェアした投稿


東海シクロクロス第二戦 東郷ケッターパーク iRC TIRE CUPではケッターパーク実行委員会の皆さんがマウンテンバイク体験会を実施してくれて、GONZO PARK CRITキッズスクールでもお馴染みGONZO PARKのユウタ君を講師として派遣させて頂きました。
市内外のキッズ達にも大変好評で、東海の常設のフィールド間でも様々な意見交換も出来たようで良かったです。 そして東郷ケッターパークにサイズアウトしたキッズマウンテンバイクを寄付して戴きました廣田さん、山田さんありがとうございました。

KEEP RIDING!!


再び新城へ

4時半起きで再び新城へ。なかなか効率悪いですが、絶対にWNPに東海クロスの案内看板を貼らないといけなかったので仕方ない。でも久しぶりに家族と過ごすことができて心の充電ができました。さて、今日もiRC TIRE CUPの補修の続きを。昼休憩はハンモックを出してChill out。JCF CXシリーズ戦前からバタバタで、こういう時間すらなかったので、数十分ですら森の中でボーっとするのは癒される。
こうやって一年かけてきたイベントの片付けをしているとまた新しいアイディアややりたいことがどんどん生まれてくる。気持ちはグッと抑えて次のステップへ。

ビフォ

アフター

400人オーバーがコースを走るとなかなかのダメージ。やはりシクロクロスタイヤの土へのインスペクトはマウンテンバイクよりスゴいですね。 掘れた箇所は今後雨が降ったときに水たまりや水道になってしまうので今日はそこを重点的に補修しました。月曜から補修や整備を行っていますが、ゴミがほとんどないのが嬉しかった。ご協力ありがとうございました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HATCH(@hatch1976)がシェアした投稿


再び子供達が楽しめるマウンテンバイクパークへ。奥のスラロームもレイアウトを変えてみたのでぜひ遊びに行ってみて下さい!

more2013.com
シクロワイアードさんが東海シクロクロス第2戦東郷ケッターパーク iRC TIRE CUPを記事にして下さっています。ありがとうございます!

www.cyclowired.jp

WNPへ

昨夜遅くに名古屋に戻り、今朝は溜まりに溜まったメールの返信作業を行ってから稲沢市祖父江のWNPことワイルドネイチャープラザへ。
一週間空いて来週末12月18日は東海シクロクロス第3戦ワイルドネイチャープラザ DeLa TRAIL CUPです。WNPはウインドサーフィンのメッカで、平日でもたくさんのサーファーが訪れるので周辺に迷惑を掛けないよう本日は大会の案内を各所に貼らせて頂きました。エントリーは今週末12月11日まで。たくさんのエントリーお待ちしてます。

www.tokai-cyclocross.com

もはや曜日の感覚がない。何だか前回JCFシクロクロスシリーズより砂はフカフカだったような気がします。いや気がするではなくフカフカ。これは面白くなりますね。今回は通常の東海シクロクロスなのでスタート位置は通常通りとなります。JCFシクロクロスシリーズの熱量をそのままにDela TRAIL CUP、全日本選手権と続きますのでどうぞよろしくお願い致します。



東海シクロクロスではただ今、AJOCCシリーズ戦とは別に2023年1月14日、15日開催の第28回全日本選手権自転車競技大会 シクロクロス開催に向けて準備しています。
大会にご協賛していただける企業様、団体様を募集しておりますので、ご興味のありましらご連絡お願い致します。 ブース出展につきましても、有料になりますが、ご出展していただける企業様、団体様を募集しておりますので、ご興味のありましらご連絡お願い致します。

www.tokai-cyclocross.com

チーム新城ありがとう!

この一週間こんなにすいませんって頭下げたのは人生はじめてかも。これもいい経験。東海シクロクロス オーガナイザーの仕事として一番大事な仕事は集客や当日のオーガナイズではなく会場の復旧や交渉である。大きなイベントが出来る裏側には沢山の支えがあります。雨のおおが城山公園もなかなかでしたが、今回は東郷ケッターパークの滝川さん、新城に移住してきた小山君、市役所の植田さん、白頭さん、古田さんのおかげで全てではないですが一日である程度復旧出来ました。
支えてくださる皆様に感謝。本日手伝って下さった皆様、朝から暗くなるまでありがとうございました!

今回メイン会場として10月に新設されたエリアを開放して頂いた新東工業様のスタートエリアと野球場と駐車場。

駐車場としてお借りした東郷中学校様のグラウンド整備。東郷ケッターパークと400人オーバーが走ったサーキットはなかなかのダメージですが、それも覚悟で、関係者にも理解をいただき今回の開催を決めたので、本当に関わって下さった皆様にはご迷惑を掛けたと思います。そして10月に新設されたエリアを開放して下さった新東工業株式会社様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

ビフォアフター。写真では伝わらないけどやっぱりシクロクロスタイヤはコースのインパクトはなかなかで、まさにアートってやつですね。復旧にも気合が入ります。想定内と言えば想定内なので野球場なので重機は使えないので全て手作業でしたが今までの経験が活きました。一つ失敗したのは悩みに悩んで出たレースですが、そのおかげで今日はしんどかった…(笑) 今回大変お世話になった周辺の企業様にもお礼のご挨拶もできたので一週間ぶりに一旦名古屋に戻ります。



iRC TIRE CUPありがとうございました!

まだまだ残務はありますが、ここに至るまで関わって下ったすべての方のおかげでやり遂げることができました。参加して頂いたライダーの皆様にはご迷惑をお掛けしましたが、そのおかげで僕が数年間イメージしてきたものが一つカタチになりました。
東海シクロクロス第2戦 東郷ケッターパーク iRC TIRE CUPご参加頂きました皆様ありがとうございました。新城市民の皆様ありがとうござました。そして今回ご協賛戴きました井上ゴム工業株式会社様、会場を快くお貸し頂きました新東工業株式会社様、そして共催をしていただきました新城市様ありがとうございました。

地産地消、地産地走。既存のものをブラッシュアップしたカタチで、地域とのコラボから生まれたイベントの企画・運営をマイナスベースからチャレンジできたことがとにかくよかったと思う。ハイリスクローリターンですが、お金では買えない価値を戴いた2日間でした。改めて皆様ありがとうございました!本日リザルトを更新しているのでチェックしてください!

www.tokai-cyclocross.com

 

明日はよろしくお願い致します

JCFシクロクロスシリーズWNP GISALLO CUPから休むことなく、今日まで想定内、想定外いろいろなトラブルがありましたが、週明け早々に準備を続けてやっと当日を迎えることができそうです。最後の最後まで各所で対応していて結局試走もできなかったけどコースの反応も上々でよかった。そしてまだ当日を迎えていないけど来年に向けて続けるにはどうしたらいいか、たくさんのフィードバックが出来ているし、これは他の会場にも活かせることなのでポジティブに明日が楽しみです。

東海シクロクロス第2戦 東郷ケッターパーク IRC TIRE CUPのメイン会場は、新東工業株式会社様も敷地をお借りしています。地域が盛り上がるなら!ということで、ご協力いただいており、以下のことを必ず厳守お願い致します。

※会場の進入禁止区域には絶対入らない。
※会場内は20km/h以下で走行ください。
※自転車で芝生エリアに入らない。
※会場内の道路を自転車で走るときは速度に出し過ぎない。
※会場内はすべて禁煙となります。
※会場内は自転車の洗車は禁止。

特に本日お車でお越しの方で会場内での速度制限を守っていない方が非常に多かったです。それ以外はおおめに見てもらいましたが、何度も言うように昨シーズン3つの会場が使えなくなりました。新たにお借りできた会場につき、来年も開催できるよう、上記のことを厳守ください。
たとえレースのなかで速かったとしても最低限の一般常識がなければ、認められることはありません。来た時よりも美しく。当日、会場には多くの方が来場するので、サイクリストとしてモラルをもって行動してください。

www.tokai-cyclocross.com



iRC TIRE CUP×東郷学び学校 ブース出展のお知らせ

photo by kikuzo

今週末12月4日(日)は愛知県新城市 東郷ケッターパークで東海シクロクロス第2戦 iRC TIRE CUPにブース出展させて頂きます。
HATCHブースではカスタムオーダーレンズのご相談からURBAN DEERのアパレル、アクセサリーまで多数展示・販売させていただきます。 今大会は東郷学び学校との併催で、地元主導でたくさんの体験ブースとともに、飲食、物販など30以上のブース出展があります。間違いなく観戦だけでも楽しめるので週末は新城 東郷ケッターパークにお越しください!

www.tokai-cyclocross.com

東郷学び学校の詳細はこちらから

togo-wakuwaku.jp



 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAKUMA(@takuma8sk)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shin Yamanaka(@shin.galbo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HATCH(@hatch1976)がシェアした投稿


Urban Deerからは3人のライダーが出走します。ぜひ彼らの応援もよろしくお願い致します!僕も4足のわらじでどこまで戦えるか、分かりませんがホームの新城でいい走りが出来るよう頑張ります。では会場でお会いしましょう!!

www.tokai-cyclocross.com

クリエイティブにレースを楽しむ

決められたルートのみで競うだけはつまらない。レースも企画・運営もイノベーションを興しながらクリエイティブに楽しむ。限られた環境のなかで自分は常にイノベーションを興す楽しみを常に考えています。東海クロスもまたそう。
二拠点生活と専用フィールドのメリット。ローカルの方々のご協力を得て少ない労力でコースが設営できています。 初めての会場で皆様にはいろいろご面倒をお掛け致しますが、レース前のアップは周辺の史跡を観ながらというのもオススメです。会場を出たら馬防柵や設楽原歴史資料館やグラベルなどたくさんの新城の名所や自然がございます。せっかくなのでiRC TIRE CUPを通していつもとは違った東海シクロクロスをお楽しみください!

www.tokai-cyclocross.com



今回iRC TIRE CUPはいつもよりキッズの参加者も多く、新城での長年の取り組みのなかでの一つのカタチの表れとして、井上ゴム工業株式会社様のご招待で僕らが手掛けているフィールドのローカルなど新城市内のキッズもたくさん参加してくれます。彼らにとってはファーストレースになると思うので、いい思い出になってくれるよう頑張ります!早朝の講習会をお手伝いして下さる方も募集しているのでご協力お願い致します。

www.tokai-cyclocross.com

東郷ケッターパーク内の約1kmのコース設営はほぼほぼ終わりました。数年前からイメージしていたので自画自賛ですがいい感じで、森のなかでiRC TIREレッドが栄えますね。今日から新城に新城を面白くしてくれそうな子が移住してくれたので今後が楽しみです。いよいよ明日からメイン会場の設営がスタートします!

 

iRC TIRE CUP駐車場について

何をやっても減点方式。昨シーズン東海シクロクロスは3つの会場がなくなり、やっと一つ会場を増やすことができた。400人規模のサーキットというのはトイレ、駐車場を確保しなくてはいけないので非常にハードルが高く、最初に言いますが、はっきり言って僕にはほとんどお金は入ってきません。労力からしたら完全真っ赤な赤字。ほぼ未来への投資と思って動いています。
それを踏まえて先に言いますと、今回3年かけて取り組んできた活動のなかで、地域の理解を得て、新城市の共催、井上ゴム工業株式会社様の協賛を得て、やっと新たに増やすことができた会場にはたくさんの問題があります。
そのなかで毎回一番の問題となるのが駐車場問題で、今回のiRC TIRE CUPでは東海クロス参加者、関係者には多大なるご迷惑をお掛けします。今日も各施設に役所の方に同行、協力して頂き、駐車場を利用できるようお願いし利用できるようになったりと、ギリギリのなかで運営をしています。おそらくライダーの皆様のリクエストを全て答えるとしたら値上げもしないといけないので、せっかくなので、アップなどは新城の自然を楽しみながらイベント全体を楽しんで頂けたらと思います。
オーガナイザーになって2年目。僕だって本当はSNSで好きなこと言いたいけどグッと堪えて耐えています。レースが開催されるのは当たり前ではないし、サイクリストの価値を上げるのにはまだまだやることがたくさんある。こちらを確認して頂き、どうかご理解、ご協力お願いしたいと思います。

www.tokai-cyclocross.com

昨夜は新城でビジネスマッチングの会議に参加してから遅くまで仕事して今日は月末ということで、早朝に支払いを済ませ、通常業務の傍らで周辺の施設に挨拶を済ませてから午後からは東郷ケッターパークの滝川会長とiRC TIRE CUPの準備を行いました。杉生さんに戴いた廃材の杭は先が尖がっていないので雨上がりがチャンスということで、やはり国産の家具や家に使う木は丈夫で割れないですね!
東海シクロクロスや僕の理想をカタチにしてくれている数少ない地域で、仕事前にも関わらず、新城が盛り上がるならと協力してくれる方々には本当に感謝ですね。とにかくたくさんの方に支えられて、東海シクロクロスがあるし僕の活動もある。今回のiRC TIRE CUPでは、先週のJCFシリーズ戦以上にきっとたくさんのトラブルが起こると思いますが、乗り越えていきたい。KEEP RIDING!!

www.tokai-cyclocross.com