HATCH DIARY

365DAYS。スポーツウエア・アクセサリーの製造、卸売をはじめイベント企画などを主に業務としているHATCH(ハッチ)です。 カスタムオーダーなどお気軽にご相談ください。

IRC MIBRO for Marathon 2.3 PROTO

f:id:hatch76:20191011150435j:plain

とある地域から山の調査を依頼されているので、定期的にジムニーやバイクを使い現地調査をしていますが、本日はチームの植田さんに手伝ってもらい調査と案内を兼ねてトレイルライドへ。ひと山ライドを終えるとグラインデューロの参加を見送った早川さんと合流し再びもうひとつの山へ。トータル30km近く走りましたが一応仕事とはいえ楽しませて頂きました。僕らから見ると資源の宝庫である新城奥三河の山間部。どう活用したら地域の方とウィンウィンの関係になるか。まだまだ試行錯誤は続きますがこうやって僕らを受け入れてくれる環境に感謝ですね。

f:id:hatch76:20191011151808j:plain

f:id:hatch76:20191011151704j:plain

f:id:hatch76:20191011151741j:plain

f:id:hatch76:20191011151836j:plain

CXも始まるし少しトレイルライドは封印していましたがやっぱり山は楽しい。さてIRC TIREさんから待望のタイヤとして来春発売予定のIRC MIBRO for Marathon 2.3 PROTOをご用意していただきましたので早速昨日、今日と使わせて頂きました。
年々ハードになる王滝のような路面にも対応するために開発されたサイド強化仕様のIRC TIRE MIBRO for MARATHON TUBELESS READY 2.3のプロト。待望の2.3ですね。アスファルトグラベルを乗った感じ、タイヤ径は太くなっていますが重量はさほど気にならず、さすがMIBROということで転がり抵抗が少なく登りのきつい日本のトレイルライドにもベストマッチ。すでにGT山中さんも王滝やトレイルで使用し非常に高評価ですが、僕のファーストインプレッションとしては山中さんと同じで、XCベースの今までのタイヤと違い非常に剛性があり、ナチュラムバームや岩場のバームでバイク振っても路面に負けないので今まで以上にダウンヒルが楽しめそうです。低圧走行も可能なタイヤ剛性なのでもちろんしっかりグリップもしてくれる。まだプロトですが完成度は非常に高いと思います。
重くてグリップするタイヤは世の中に沢山あるけど軽量で長距離トレイルライドを楽しめるタイヤは世の中にはラインナップは少ないのではないでしょうか。トレイルライド欲を掻き立てるアイテムを手に入れてしまったのでワークアウトをサボってトレイルに行ってしまいそうです。KEEP RIDING!!

blog.livedoor.jp