HATCH DIARY

365DAYS。スポーツウエア・アクセサリーの製造、卸売をはじめイベント企画などを主に業務としているHATCH(ハッチ)です。 カスタムオーダーなどお気軽にご相談ください。

東海クロス第4戦WNP レースレポート

DSC_0375

photo by kikuzo

IRC TIREやMINOURAなど東海でもお馴染みのメーカーを展開するFUKAYAさんが冠スポンサーになり開催された東海クロス第4戦ワイルドネイチャープラザ エディーメルクスCUP。エントリー数は420名、観戦者を含むとかなりの人数がWNPにいたのはブースのなかから感じることができました。まだまだ100%のコンディションには程遠いですが自分なりにWNPは楽しめたのかな。ということで東海クロス第4戦WNPのレポートをお届けします。

 

DSC_0016

photo by kikuzo

早朝からブースも大盛況。定着しつつある講習会も沢山ご参加頂きました。今回レースには出ないけどレースに興味のある子も参加してくれて普段走る事が出来ない砂を果敢に攻めるサポートができたかな。限られた時間と環境のなかやれることからコツコツと。自転車が楽しい!、あの子みたいに走りたい!のきっかけができたらと思います。来年からは平田クリテでも新しい動きを企画しているのでまたこちらは改めてご紹介させて頂きますね。

DSC_0245-2

photo by kikuzo

さてレース。C1ライダーなら90%以上が走れるWNP。フィジカルだけでなくテクニックなどのウエイトも高く総合力も試されただ乗るためにはバイクのセッティングも非常に重要になってきますが、もう慣れたサーキットなのでデータの蓄積のもとフロントにはIRC TIRE SERAC CX EDGE 1.5bar、リアにはSERAC CX SAND 1.6barを迷わずセットアップ。
乗れない数%の区間はとにかくキツいのでバイクはすごくでも軽くということでボトルゲージやチェーンデバイスを外し、風も冷たく13時でもかなり冷え込んでいたのでS-RIDE CXワンピースは長袖をチョイスしスタートラインへ。

DSC_0128-2 photo by kikuzo DSC_0204-2 photo by kikuzo

砂は好きでもなく嫌いでもなくレースだから好きというのがWNPの総括。ホールショットといいたいとことですが、無理なく周りを観ながらスタートし5番手くらいでファーストコーナーへ。頑張ればトップ集団についていけますがフルスロットルでいくと直ぐにレッドゾーンに入りスローダウンしてしまうので限られた体力のなか一時間走るため序盤は上げ過ぎず 淡々と。悔しいけどパスされても淡々と

159A8447 photo by M.hattori DSC_7720 photo by youkan_0045 DSC_7578 photo by youkan_0045

残念ながらTOP3は遥か先ですが序盤で砂が苦手なライダー、得意のライダーがパックリ別れ今回好走の小林君が見える位置で、岡選手、兆君、多賀さんといい距離感でレースが続く。兆君とはずっとパックだったので砂の走り方をアドバイスしながら走りましたが後半いい感じに砂に慣れ後半怒涛の追い上げで4位までジャンプアップ!また新たなライバルを作ってしまったとちょっと後悔…なんて。

中盤までは4位まで追い付けるイメージとプランはあったのですが…

159A8761

photo by M.hattori DSC_7867 photo by youkan_0045 159A8540 photo by M.hattori

f:id:hatch76:20181218094553j:image

Photo by BOSS Y!takagi


とにもかくにも今回新たに新設されたニューゾンビ坂は辛かった。自転車はどうにか誤魔化せるけどマイアミ同様に夏の骨折で併発した肺挫傷のせいか腹式呼吸しかできずとにかくランがきつい。ここだけは何ともならず毎周回ゾンビ坂でカウンターパンチを食らいエキサイトバイクでいうTEMPは常にレッドゾーン状態でバイクをうまく進められない。
ラスト20分のパフォーマンスは最悪でその後は砂区間でもミスを連発し後続に抜かれ9位フィニッシュ。イメージとは程遠い走りではありましたが怪我無く今回も無事に走り切れたのでOKでしょうか。

159A8997

photo by M.hattori

大怪我で8月、9月、10月と自転車に乗ることができず復帰してから約一ヶ月半が経ちますが復帰したときは乗りたくて仕方ないというか勢いでレースに出てきましたがやはりここにきて身体が思うよう動かないフラストレーションを感じています。
とはいえ、いうほど悲観的でもなく再びレースが走れる喜びのほうが上回っているし、比較的リラックスした状態でレースを走れているので、東海クロスの会場の雰囲気や若者達の成長を感じながらレースを走るのもなかなか乙だなと。とにかく東海クロスは本当にあたたかい。会場至るところから沢山のご声援ありがとうございました!

DSC_6766 photo by youkan_0045

まだまだサンドマイスターの称号を獲るには遠いですね。今回のWNPは本当に総合力の高いコースになりましたが東海クロス最終戦も再びこのWNPなのでそこまでには何とかコンディションを回復させて最後いい走りで〆たいなと思っています。WNPは東海が誇るサーキットなので遠方の方もぜひ最終戦遊びに来てください!

バイク GIANT TCX ADVANCED PRO
サイコン GIANT NEOS TRACK
ホイール F & R sfiDARE 38㎜ PASSERO DISC (セカンドバイクは前後ともにGIANT P-CXR1 WheelSystem)
メインバイク F IRC SERAC CX EDGE 1.5bar、R IRC SERAC CX SAND 1.6bar
セカンドバイク F IRC SERAC CX SAND 1.5bar、R IRC SERAC CX SAND 1.6bar
アイウエア CLT SychriイーグルビューXLレンズ
ウエア SUNVOLT S-RIDE CXワンピース
シューズ SIDI TIGER
メルメット REV ASIA MIPS
補給食 Athletuneエナゲイン(レース前20分、レース直前)