HATCH DIARY

365DAYS。スポーツウエア・アクセサリーの製造、卸売をはじめイベント企画などを主に業務としているHATCH(ハッチ)です。 カスタムオーダーなどお気軽にご相談ください。

平田クリテ第8戦レースレポート

DSC_0514

photo by kikuzo

東海ロードレース ステージレースDay2。僕にとって大本命の平田クリテ。前日のAACA CUPのダメージは間もなく43歳を迎える僕にとってはなかなかでさすがに長年築き上げてきた完走記録は今日で止まるのでは…と思うくらいの疲労感。いつものフィクションといいたいところでしたが今回は大マジで、まさに記録より記憶な走りの本領発揮といったレースになったのではないでしょうか。ということで平田クリテ第8戦レースレポートをお届けします。

DSC_0088

photo by kikuzo

最近また自転車熱が復活し久しぶりに平田に登場したYKO君。平田クリテは本当にジャンルレスでこうやっていつでも帰ってこれる場所となっているのではないでしょうか。僕はというと、もうとにかく前日の疲労感がすごく時間があればローラーを回し身体の回復に集中する。基本流行りの海外エナジードリンクは飲みませんがこの日ばかりは身体が欲している感じ。カフェインを欲するくらい疲れているんでしょうね。こんな僕にとってBUCYO COFFEEの冷やしうどんは本当に胃袋に優しかった。

DSC_0427

photo by kikuzo

この日も前日のような酷暑でそのうえ湿度も高い。何とか走れる状態まで集中力を高めスタートへ。レースプランは特になし。走ってしまえばきっと何とかなるだろうということでATHLETUNEポケットエナジーのオレンジを流し込み定刻通りの号砲とともに平田クリテC1レースがスタート。ローリングスタートと同時に集団は一列になりそのまま第4コーナーへ。

DSC_0439

photo by kikuzo

第4コーナーを抜けた登坂を登り切った一瞬先頭のローテーションの速度が緩んだので、それと同時にファーストアタック。前日のAACA CUP同様に学びがないな…と(笑) 残りの体力は考えず、とにかく後ろは振り返らず踏む!そんな僕の動きに反応してくれた今回C1優勝の荒井さんがブリッジを掛け、そのあとに三井君、野原君が続き集団から数秒の逃げが決まる。

DSC_0469 photo by kikuzo DSC_0553 photo by kikuzo

荒井さんとは初めて走るもかなりの実力者(後から聞く)でフィーリングがとてもよくメンバー的に逃げるのに申し分はない。いい感じにローテーションがまわり10秒近く集団との差が広がる。
そしてここ最近メキメキ力をつける恩田君が単独ブリッジ。平田C1でも優勝し彼のいい走りをしているのは見ていたので僕的にはこの暑さのなか逃げるには一人でも人数が多い方がいいということで、少しスピードを緩めてもらい恩田君とドッキング。

DSC_0511

photo by kikuzo DSC_0584

photo by kikuzo DSC_0618

photo by kikuzo DSC_0704

photo by kikuzo

集団からは何度もブリッジが掛かるもみんなエスケープせずしっかりローテーションを回してくれるので追い付きそうで追い付かない微妙な距離感でレースは進む。こうなればやはり勝ち逃げを決めたいということで酷暑でダメージの残る身体に鞭を打って走る。この逃げメンバーは全員僕より一回り以上年下で、三井君に限っては高校生で、僕の歳なら息子といってもおかしくないのではないでしょうか。いやおじさんがんばりました(笑)

DSC_0740

photo by kikuzo

とにかくギリギリの距離感でしたが、集団は僕や野原君が逃げていることで、集団をチームがコントロールしてくれたおかげでラスト二周で勝ち逃げ決定!ここからはこの逃げ集団5人の闘いということで、スプリントに持ち込んだら分の悪い三井君が14周目に入る前にアタック。そしてこのアタックに反応しようとしたらついに限界を越え久しぶりに脚を攣る…。

DSC_0807
photo by kikuzo

いこうと思えばいけたけどその後のダメージを考え大人の選択でスピードを緩め最終周は集団全員に抜かれ部長と一緒にフィニッシュ。もう少し頑張ればポイントも獲れたけどまっこれが僕らしいかなと…。あの酷暑のなかレースを観ていてくれたオーディエンスの皆様のおかげで記録より記憶な走りができたのではないかと思います。本当はファーストアタックからの逃げ切りで入賞!といきたかったですが最低の目標である完走もできたし自分的には大満足ですね。暑いなか最後の最後まで本当にたくさんのご声援ありがとうございました。

DSC_0636

photo by kikuzo DSC_0440

photo by kikuzo

今回の逃げにおいて僕の武器となったIRC TIRE FORMULA PRO TL RBCC 28CとGIANT TCR ADVANCED SL DISC。海外でも主流になりつつあるチューブレス 28Cのタイヤは、ここで何度も書いていますがとにかく転がり抵抗が少なく、集団内ではブレーキをかけるくらい良く進む。クリテリウムにとっては間違いなくアドバンテージになるのではないかと思います。
そして絶対信頼のOVER DRIVE2を搭載しディスクブレーキ規格で12㎜スルーアクスルになったTCR AVD SL DISCはやはりコーナーで絶対的アドバンテージになり、5人のなかで一番有利にコーナーワークを行えたのではないかと思います。まさにこのセットアップは大人のロードレーサー。ブースでは常に展示しているのでぜひチェックして下さい。




バイク GIANT TCR ADVANCED SL DISC
サイコン GIANT NEOS TRACK ホイール
FRONT & REAR 38㎜ sfiDARE PASSERO
タイヤ IRC TIRE TIRE F FORMULA PRO RBCC 28C 6.5ar R FORMULA PRO RBCC 28C 6.5bar
アイウエア CLT Sychri イエローミラーREVO偏光レンズ ウエア
CLT プロフィットセパレートワンピース
ソックス GIANT RACE DAY TOO SOCKS
シューズ SIDI WIRE CARBON LUCIDO
補給食 Athletuneポケットエナジー